絶品ぐじ

ぐじを食べたことがある人ならきっとこの美味しさに魅了される。
ぐじは見た目こそちょっとだけ気持ちがわるいというか人間のような顔をしているというか、食べるのが申し訳なくなるような顔をしている。

鼻の下を伸ばしたおじさんのようにも見えるし、ちょっとパートに疲れたおばさんのようにも見える。
このぐじだが、鱗をあえて落とさずに焼き上げた若狭焼はまさに絶品。
鱗をあえてつけたままで焼き上げることでカリカリ、サクサクの食感がプラスされ、それがよりぐじの身のふわふわ感を強調できる。

正直、これまで色々な魚を食べてきたものの、その中でも一番美味しいと思ったのがぐじだった。
初めてぐじを食べたのは友人と旅行に言った時のことだが、あまり魚が好きではなかっただけに、ぐじなんて食べたくなかった。
しかし、友人があまりにも強引に勧めてくるため、食べてみたところそのうまさに衝撃をうけた。